ちょっと便利メモ

日常の役に立つ情報発信のブログです。

*

ビタミンDがカルシウムの吸収率を上げる!その関係は?

   


鮭200px40歳を過ぎると身体の衰えを、否が応でも自覚させられますね!

老眼が始まる、無理が利かなくなる、風邪を引きやすく治りにくくなる、徹夜がしんどくなるなどすると、健康のことを考えるようになります。

まず、食べるものを健康にいいものを意識して選んじゃってませんか?

ほんと、食は大事です!
バランスよく食べることが大事です!

年齢とともに骨量がだんだん減ってくるようなので、カルシウムを意識して摂りたいのですが、カルシウムはビタミンDがないと吸収率が悪いんですね。

何故、カルシウム吸収のためにビタミンDが必要なのかお伝えします。

スポンサーリンク

カルシウム吸収のため何故ビタミンDが必要?

骨のためにカルシウムは欠かせません!

だけど、カルシウム単体ではいくらたくさん摂っても身体に吸収されにくいんですね。
食事をした後、胃を通過したカルシウムは小腸で吸収されますが、他の栄養素の助けがなければせっかくのカルシウムは体内に吸収されにくいのです。

他の栄養素とは『ビタミンD』です!

ビタミンDがカルシウムを血液の中に運ぶ役割をしています。
このとき、ビタミンDはそのままの形ではパワーを発揮できません。

活性型ビタミンDに変化しないとだめなんですね!
活性型ビタミンDとは腎臓と肝臓で酵素の働きを受けたもののことです。

カルシウムとビタミンDはこんなに複雑に助け合っているんですね!

ビタミンDの働きがとても分かりやすいです!
 ↓ ↓

普段の食事から無理なくこれらの栄養素を摂りたいと思いますが、どんな食品に多く含まれているのでしょうか?

カルシウムとビタミンDを多く含む食品は?

食事の内容に気を付けて、カルシウムやビタミンDを多く含んでいる食材を使いたいですね。

カルシウム

乳製品、魚介類、大豆製品、野菜類にはカルシウムがたくさん含まれています。

よくカルシウムを摂るために牛乳を飲みなさいと言われますが、乳製品にはビタミンDとタンパク質が含まれているので、吸収率が一番いいんですね。

野菜類では小松菜にたくさん含まれています。

以前書いた、「カルシウムが不足している!どんな食べ物がいいの?」にカルシウムを含んだ食品について詳しく書いています。

ビタミンD

ビタミンDをとる方法は2通りあります。

日光に当たる
  • 体の中のビタミンDは、8~9割は日光に当たることによって作られます。
  • 紫外線に当たることで皮下脂肪の一部がビタミンDに変化します。
    連続した時間でなくてもいいので、1日に20分程度の日光浴をします。
  • ビタミンDを上げる自然な方法ですが、気を付けたいのは日焼け止めを塗ると効果が落ちることです。
  • 女性はできれば顔が日焼けするのは避けたいので、手のひらを日光に当てても効果はあります。
    とっても安上がりな方法ですね!
食事からとる
  • キノコ類、魚類にたくさん含まれています。
  • 果物にはほとんど含まれていません。
スポンサーリンク

終わりに

骨のためにカルシウムが必要ですが、そのカルシウムを効率よく吸収するためにはビタミンDが欠かせません!

カルシウムだけでは人間の小腸で吸収されにくいので、それを助けるためのビタミンDが必要となります。

サプリメントもいいですが、過剰摂取すると過剰症になり、かえって腎機能に影響を与える場合があるので、取りすぎには気を付けたいですね。

やはり、毎日の食事内容が大事ですね!

バランスの取れた食事内容で、生活習慣病、骨粗鬆症などの予防をしましょう!

スポンサーリンク

 - 健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ストレスの解消方法は!自分に合ってるのは?!
喉のイガイガを速効で治す方法ってある?病院は行きたくないんだけど!
ペットボトル症候群の症状は?ジュースの飲みすぎ注意!
階段を利用した運動の効果!適当じゃあ意味が無い!?
四十肩と五十肩の違いは?どちらもめちゃ痛いんだけど!
生姜湯の作り方!チューブ入りが簡単!でも生と比べると…
アルツハイマー型認知症の症状!段階を知れば怖くない!?
寝られない!寝れない!ぐっすり気持ち良く眠りたーいっ!
亜麻仁油の効能がすごい!でも摂取量には注意が大必要!
冷え性改善方法は?ストレッチと一緒にコレも!