ちょっと便利メモ

日常の役に立つ情報発信のブログです。

*

熱中症対策に効果的なグッズとは!首の後ろを冷やすのは?!

      2014/12/02


毎年、暑い時期が近づくとニュースで「熱中症」がよく取り上げられます。

熱中症対策と予防
「熱中症」の言葉はよく聞いていても、原因や症状、予防法など詳しいことはよくわかっていませんでした。

屋外だけでなく家の中でも熱中症になることがある怖い病気なんですね。

まだ夏の暑さに慣れていない梅雨明けの時期が最も危険なので特に注意が必要です。

外で働いている人は仕事に夢中になると、気が付かないうちに熱中症になり、手遅れになる場合があり、命に係わることもあるので気を付けたいものです。。

まず、「熱中症」とはどんなものかを見ていきましょう!

スポンサーリンク

熱中症とは

熱中症とは、日射病や熱射病などの総称で、気温が高いところでの運動や仕事を長く続けると、大量に汗をかくため、水分や塩分が失われてしまいます。

気温が高いときには湿度も高くなり、汗が蒸発しません。そのため熱がこもったままになるので、体の中の熱が放出されなくなってしまう状態です。

熱中症の症状を確認しておくと、熱中症になった場合対応を早くすることができます。

熱中症の症状

どのような場合に特有の症状になるのか見ていきましょう。
人により症状はまちまちです。

まず、水分が不足した脱水症状と血圧の低下が急激に進む『熱疲労』の場合起こるのは、頭痛めまい吐き気脱力感などの症状が現れます。

次に、汗を大量にかいた後に水だけをたくさん飲んで、塩分の補給をしなかった場合『熱痙攣』の症状が現れます。
腹部やふくらはぎの筋肉はたくさんのミネラルや塩分を必要とします。それが不足すると痛みを伴った痙攣をおこす場合があります。

スポンサーリンク

屋外での直射日光や高温多湿の屋内で長時間活動した場合『熱失神』の症状が現れます。
末梢血管が拡張することにより血圧が低下したり、眩暈を起こしたり、失神することもあります。

怖い熱中症にならないためにはどうすればいいのでしょうか!

熱中症対策と予防

水分やミネラルの不足が原因の一つなので、暑い時期のスポーツ、屋外での仕事をする場合、積極的に水分とミネラルの補給が大切です。

また、スポーツをする場合、できれば涼しい時間帯を選んでできるだけ体温が上がらないようにするのもいいです。

熱中症対策 スポーツドリンク
のどが渇いたと感じる前に、こまめな水分補給が望ましいです。
手軽なのはスポーツドリンクを飲むことですが、梅干しや塩をかけたスイカなどもいいですね。

体調が悪いなと思ったときは、炎天下にでることは避け、スポーツなどは控えてゆっくりするといいですね。
部屋の中が暑く、湿度が高い場合はエアコンを適度な温度にして利用することも必要です。

服装はゆったりした服にして、熱がこもらないようにできるだけ体を涼しい状態にします。

熱中症対策グッズ

体を冷やす効果的なところは、動脈が通っている脇の下、首の後ろ側などがあります。

デザイン的に自然な首に巻くタイプが効果的です。
ひんやりタオル熱中症対策や節電対策スポーツ観戦などにお勧めの冷たいタオル!♪ひんやりタオ…

スポンサーリンク

 - 健康 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

5月の花粉症!原因植物はよく見かけるあれだった!
えごま油の摂取量は?一日たったこれだけでばっちり!
誤嚥の予防体操!私が実践中の簡単トレーニング法3つをご紹介!
オリーブオイルの効能がすばらしい!でも副作用が心配!
寝られない!寝れない!ぐっすり気持ち良く眠りたーいっ!
くるみはカロリーが高い!でもダイエットに向いている?!
糖質制限ダイエットのやり方は?成功した私からのメッセージ!
マスクで耳が痛い!どんな対策すれば楽になるの?
手湿疹の治し方は?ワセリンの他何がある?
ストレスの解消方法は!自分に合ってるのは?!