ちょっと便利メモ

日常の役に立つ情報発信のブログです。

*

エキノコックスとはキタキツネの寄生虫だがペットも注意!

      2014/12/02


北海道へ旅行したとき、キタキツネには絶対に触ってはいけないということは、よく知られていることです。

キタキツネはとても可愛らしいのですが、エキノコックスという寄生虫がいるからです。

キタキツネ
おぼろげには分かっているつもりだが、説明しろと言われるとしっかりと説明することはできません。

2014年4月8日に愛知県で3月に捕獲された野犬からエキノコックスの虫卵を確認したと発表されました。
人以外での感染で、北海道以外ではこれが2例目です。

1例目は2005年の埼玉県での犬ですが、意外にも人間の方が犬よりたくさん感染しています。これをみて驚きました!

人に感染すると、肝臓に寄生し、数年から十数年の潜伏期間の後に重い肝機能障害が現れ、死に至ることもある怖いものです。

まず、エキノコックスって何?

スポンサーリンク

エキノコックス症とは

エキノコックスという名前の寄生虫で、世界には4種類のエキノコックスが知られています。

北海道で見られるこの寄生虫は、多包条虫という種類です。

スポンサーリンク

エキノコックスは成虫、虫卵、幼虫の三つの発育段階があり、生活サイクルは以下のとおりです。

●成虫(キツネ・犬)
  ↓
●虫卵(環境)→幼虫(野ネズミ・人)
  ↓
●成虫(キツネ・犬)
  ↓
●虫卵(環境)→幼虫(野ネズミ・人)

成虫が住むことができるのは、狐や犬で、野ねずみや人の体では幼虫のままで成虫にはなりません。

狐の小腸に寄生したエキノコックスの卵が糞便と一緒に排泄され、野ネズミが虫卵を食べると野ネズミの体内で幼虫が育ちます。

野ねずみが食べた虫卵は幼虫として育ち、そのネズミをキツネが食べると、キツネの体内で成虫になります。

ペットも気を付けよう!

室内犬と言えども油断はできません!
走る犬
散歩に行ったとき、エキノコックスを持ったネズミを食べると感染してしまいます。

犬や猫には何も症状が現れないので、気が付きにくいのですが、虫卵が口から入る可能性があります。

接触等では感染しないのですが、もし手についていたのを気がつかずに口に入ることも考えられるので注意が必要です。

エキノコックスだけでなく、犬の口の中には雑菌が沢山いるので、愛犬とのキスはやめたほうがいいです。

散歩での感染を避けるには口輪が一番です。

スポンサーリンク

 - 健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

認知症の症状!初期は怒りっぽいこともあるので要注意!
炭酸水ダイエット!効果が出る飲み方をしないと逆に太る!
血管年齢の若返り!食べ物なら酢生姜がおすすめ!
生活習慣病
生活習慣病を予防する方法は?健康を継続できれば怖くない!
5月の花粉症!原因植物はよく見かけるあれだった!
突発性難聴の初期症状!私の場合はこんな感じだった!
冷え性の人のお風呂の入り方!知っておきたい3つのポイント!
バナナは糖質制限中はNG!朝食べるといいと言われてたのに
ネギの栄養と効能!健康パワーの秘密はこれ!
体を温める食べ物一覧!体温が低いままだと怖いことが!