ちょっと便利メモ

日常の役に立つ情報発信のブログです。

*

足のカサカサを治す方法!昆布?生芋こんにゃく?

   


冬になると足のカサカサに悩んでいませんか?

タイツを脱いだ時なんて、脱いだタイツから白い粉がふわ~って舞ってる時があります。

それから、かかとのカサカサとひび割れ!
もう、ひどいもんです。

40歳過ぎ位から祖母や母親のかかとと同じようにカサカサになってきました。

同じ年位の友人たちもご同様でした!
ということは、足のカサカサに悩んでいる人は多そうですね。

この前、テレビでいいことを聞きました。
今まで聞いたことのない内容なんです。

それは「えっ!こんなもので足のカサカサがよくなるの?」っていうものでした。

今日は、思いもかけないもので粉ふき芋のような足やかかとのひび割れにいいものをご紹介しますね。

スポンサーリンク

足のカサカサを治す方法はこれで!

すねの粉ふき状態や足の裏のカサカサ、かかとのひび割れをどうにかしたいと思いませんか?

まさかこんな物が!? 本当なの!?
そうなんです。私もびっくりしています。

足のカサカサを治す方法
  1. 昆布を使う
  2. 生芋こんにゃくを使う
  3. ふくらはぎを鍛える
  4. クリームを使う
  5. 温泉を利用する
  6. 甘い物を摂り過ぎない

それでは、昆布や生芋こんにゃくなんかで本当に治るの?って思う物の内容を詳しく見ていきましょう!

1.昆布を使う

私は足のカサカサに昆布を使うなんて初めて聞きました。
しかも、入浴剤のようにお風呂に入れて使うんです!

なぜ昆布がいいのか?

昆布は海の中でミネラルなどの栄養を吸収して、非常に高濃度になっています。

お風呂に入れた水道水は、塩素も含まれていてお肌には刺激が強いんです。
昆布に含まれているミネラルがそれを緩和してくれます。

また昆布のネバネバ成分が、約30分で拡散してまったりとしたお湯になります。

これは保水効果があります。

さて使う量ですが、10cm×10cmくらいで大体手の平くらいのサイズでいいんです。

できるだけ細かくした方が、成分が多く出やすいので、キッチンばさみなどで細かく切ってお茶バックに入れて使用します。

もちろん新品の方が効果は大きいのですが、鍋に使った後の昆布でもそれなりに成分が残っているので、捨てずに使用するのもアリです!

専門家の先生はこの昆布風呂を1週間に1回くらいやっているそうです。
そしておまけのようなものですが、昆布風呂は切り傷や炎症が治りやすいとの事でした。

スポンサーリンク

2.生芋こんにゃくを使う

こんにゃくは腸の掃除をしてくれるだとか、ノーカロリーだからダイエットにもってこいだとか言われていますね。

それが、足のカサカサにいいとは驚きです!

セラミドは肌の水分を保持するものですが、生芋こんにゃくには「こんにゃくセラミド」が豊富に含まれています。

こんにゃくの原材料を見ると「こんにゃく製粉」と書かれたものが多いですね。

普通、こんにゃくは1回粉末にしてから製品にしますが、生芋こんにゃくは、こんにゃく芋をそのまま製品にします。

食べ方ですが、なんとスムージーにします!
ゆでた生芋こんにゃく、バナナ、ヨーグルト、ミックスベリーを同じくらいの量ミキサーにかけます。

1日100g食べると、約2週間で2倍に増えるのでお肌が潤うというものです。

3.ふくらはぎを鍛える

体に血流が十分に来てないことも乾燥の原因となっています。

乾燥肌にはふくらはぎの血流改善が効果的!?

ふくらはぎの血流を改善すると顔も血行が良くなります。

血流がアップすると、肌のターンオーバーが改善して、乾燥しにくいバリア肌になります。

4.クリームを使う

クリームはお手軽に使えますね。

クリームがたまたまなくなっていた時、いいものがあります!

それはオリーブオイル!

この方法は、ず~と前にテレビで見たものです。

オリーブオイルは台所にある食用の油でいいんです。

私は食用の方が、香料などが入っていないのでよく使っています。
これもおススメですよ!

5.温泉を利用する

お肌ツルツルスベスベに温泉は欠かせませんねえ。

基本的に透明な温泉の場合はそのまま出ても大丈夫なんですが、濁った温泉の場合は洗い流した方がいいんです。

透明な温泉は皮膚をコーティングして乾燥肌にはいいです。

濁った温泉は硫黄系が多いです。
硫黄系の温泉は皮脂をおとすから、ツルツルにはなりますが、温泉に入った後は保湿をした方がいいですね。

6.甘い物を摂り過ぎない

甘いものはかゆみにあまりよくありません。

白砂糖と三温糖は比較的かゆみを起こしやすいのですが、黒糖は比較的かゆみをおこしにくいです。

かゆみのある人は黒糖やてんさい糖がオススメ!

砂糖の水分が腸内環境を悪化させたり、砂糖の消費のためにビタミンやミネラルを使います。また、ヒスタミンと言うかゆみ成分を作るもとにもなります。

とはいえ、糖類はエネルギーになるので適度に必要なものです。

終わりに

足のカサカサを治す方法には思いもよらない意外なものがありましたね。

昆布と生芋こんにゃく!

甘いものは摂り過ぎないようにし、ふくらはぎを鍛えて血流をよくすることも大事なことでした。

スポンサーリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

年越しそばを食べるタイミング!お宅は大晦日の何時頃食べますか?

あなたのご家庭では、大晦日の日に食べる年越し蕎麦はどのタイミングで食べていますか …

ビタミンCを含む食べ物!果物の中で多いのはレモンが一番?

小さい子供さんを持つお母さん方の話題によく上るのが、 「見て!見て!お肌がこんな …

ネギの栄養と効能!健康パワーの秘密はこれ!

ネギは好き嫌いが分かれる食材ですね! 子供の頃はネギが嫌いと言ってた人も、大人に …

重曹で洗濯すると臭いは取れる?試してみた結果!

臭いの感じ方には個人差があり、同じ臭いでも不快と感じる人、そうでもないと感じる人 …

芝刈り機
芝刈り機 電動、手動、エンジン式から自分の庭に合ったものを選ぶ!

綺麗な緑色の芝生をはった庭を見ると、と~ってもうらやましい・・・ きれいな状態を …

七夕の由来は?五色の短冊には意味があった!

子供の頃には七夕の笹を飾ったり、短冊に願い事を書いていましたが、日本の伝統行事な …

ストールの巻き方!メンズの冬にはピッティ巻きがおすすめ

50歳過ぎくらいからは、あまり若ぶったおしゃれはできないですねえ~。 女性もだけ …

蚊の対策の効果的な方法は!メスの蚊が吸血する訳は?

 全世界で人間を殺した数が多い生物ランキング1位は、意外にもあの小さな『蚊』です …

こどもの日の由来!簡単に言うと?

「ねえ~、こどもの日って何?どうしてできたの?」って子供さんに聞かれたことないで …

親の家の片付けでガラクタを上手に捨てさせる秘訣とは?

最近『親の家の片づけ』がとても話題になっていますね。 あなたも離れて暮らしている …