ちょっと便利メモ

日常の役に立つ情報発信のブログです。

*

ストールの巻き方!メンズの冬にはピッティ巻きがおすすめ

      2015/12/03


50歳過ぎくらいからは、あまり若ぶったおしゃれはできないですねえ~。

女性もだけど男性も、年齢的にさりげないんだけど優雅なおしゃれは、とっても素敵な着こなしで感じいいです!

男性も年齢を重ねてくると、シックでさりげないおしゃれが好感度アップです。

そんな年配男性向けのファッションアイテムの中で、今、ストールが人気急上昇です!

ストールと言えば女性のイメージが強いのですが、最近は男性にも大人気。
首もとのおしゃれが簡単に楽しめて、温かいし、気温に合わせて調節がしやすいのがその理由です。

寒い冬に簡単にできて、おしゃれ度アップのストールの巻き方に、あなたも挑戦してみませんか?

スポンサードリンク

ピッティ巻きってどう巻くの?

男性も取り入れてき出した、ストールをおしゃれに巻いてみましょう!

その巻き方とは『ピッティ巻き

この巻き方は簡単なのに、不思議と優雅な感じに見える所が魅力ですね。

では、巻き方の動画をご覧ください。

どうですか?ピッティ巻きってめちゃ簡単でしょう!

ピッティ巻きの巻き方
  1. 左右を6対4の割合にして首にかける。
  2. 長い方を1周首に巻き付ける。
  3. 交差したところの内側から短い方を引き上げる。
  4. 引き上げて輪を作る。
  5. 輪の中にもう片方を通して形を整える。

この巻き方は簡単なんですが、ちょっとしたコツを掴んでセンス良く巻きましょう!

  • 生地を垂らす長さに気を付ける事
  • ベルトの高さ辺りにする事
  • ストールは大きさが様々なので折り方で長さを調節する
スポンサードリンク

おしゃれと言えば、イタリア・フランスが思い浮かびますが、ピッティ巻きの名前の由来はイタリアからなんですよ。

このストールの巻き方にはどんな由来があるのかみてみましょう!

ピッティ巻きの由来は?

この言い方は、イタリアで開催される国際見本市「ピッティ・イマージネ・ウオモ」の会場からなんですよ。

この見本市は世界で最も大きな男性服の見本市で、1年に2回ほど開催されています。

男性服の見本市ですから当然バイヤーなどの関係者たちはおしゃれですよね!
この見本市の会場を訪れていた、そんなおしゃれな関係者たちが巻いていたことからこう呼ばれるようになったと言われているんですね。

メンズストール500px

終わりに

ストールの巻き方で、今、人気があるのは「ピッティ巻き」

ストールと言えば女性が巻くものと思いがちですが、最近のおしゃれは、男女の別なく、いいものはどんどん取り入れられていますね。

ピッティ巻きの巻き方は簡単なのに、優雅な印象がありますから、ワンランク上のおしゃれができそうです!

男性は、どうしても黒やグレーの洋服が多くなりがちなので、明るい色のものや少々派手目の柄入りのストールをすることで、素敵なアクセントになりおしゃれな着こなしになりますねえ。

スポンサードリンク

 - 生活 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

洗濯表示マークの意味は!その通り洗わなくてもいい?

ちょっと奮発して買った洋服の洗濯には気を使いますね。 洋服には必ず洗濯表示マーク …

七夕の由来は?五色の短冊には意味があった!

子供の頃には七夕の笹を飾ったり、短冊に願い事を書いていましたが、日本の伝統行事な …

節分の豆まきのやり方は?正しい豆のまき方って?

  鬼は外!  福は内! 自分が子供のころ、節分の日には豆まきをしていたんだけど …

母の日カード!メッセージはうれしく感じるものを!

母の日のカード、メッセージに何を書こうか悩みですよね。 一緒に住んでいるか、遠く …

秋分の日!2015年は振替休日ある?連休になる?

2015年(平成27年)9月の祝日は、「敬老の日」と「秋分の日」がありますね! …

冬の重ね着!コツはたった一つ!

寒い冬の日の外出には、これでもかと言うほどいっぱ~い着こんでいませんか? たくさ …

タオルが臭いの!洗濯したのになぜ?ニオイの取り方は?

共働きをしていると洗濯、大変ですね~ ある日、タオルを使ったら臭いんです! 何と …

鉛筆の持ち方と教え方!幼児のうちにマスター!

子供は1歳くらいになるとお絵かきに興味を持ち始めます。 お絵描きと言っても、ただ …

梅干しにカビが出ても捨てないで!対処法はこれで!

健康のために減塩の梅干しを漬ける方がいらっしゃいますが、失敗したと言う話をよく聞 …

端午の節句!飾りはいつまでって決まりはあるの?

男の子が生まれて初めての節句! わが子が逞しく育って欲しいとの願いを込めて飾りつ …