ちょっと便利メモ

日常の役に立つ情報発信のブログです。

*

冷え性の人のお風呂の入り方!知っておきたい3つのポイント!

      2015/10/21


冷え性は辛いですよね!

寒い時期は布団の中に入っても、足は大根のように冷たいままで、なかなか寝付かれないという人も多いのではないでしょうか。

生姜が冷えにいいからと、積極的に食べている人もたくさんいます!
それからネギもいいですね~。

冷え性200px

でも、でもですねえ、冷え性改善のポイントは食べ物じゃなかったんです。
たったこれ一つをするだけで冷え性が劇的に解消します!

それでは、さっそくその方法を見ていきましょう!

スポンサードリンク

冷え性対策はこれで!

生姜湯などの温か~い飲み物を飲むことは、身体を温めてくれるのでとてもいいことなんです。

毎日の食事や運動にも気を付け、何かいい冷え性のためのグッズがあれば、すぐに購入して試していると思います。

これらはとってもいいことなんですが、根本的なところができてないと、残念ながら冷え性の改善にはつながらないんですよ。
何が大事かと言うと、それは、

お風呂の入り方!

冷え性を治すにはこれが大事なんですよ!
冷え性だからと、熱めのお湯に30分とか40分も、肩までしっかり浸かっているという人が多いと思われます。

でも、残念ながら、その入り方は間違ってますよ!
順天堂大学の小林弘幸先生が提唱する、冷え性の方のお風呂の正しい入り方は次の通りです。

冷え性の方の正しい入浴法
  1. お湯の温度は39~40℃にする
  2. 全身浴を5分
    いきなり首までお湯に浸からないでまず胸位まで入る
    手で肩に湯をかける
    首まで全身お湯に浸かる
  3. 半身浴を10分

それでは、どうしてこの方法がいいのか詳しく見ていきましょう!

お湯の温度は39~40℃

この温度だとぬるいと思うかも分かりませんが、ぬるめのお湯でもしっかり入ると、じんわりと汗をかくほど温まることができるんです。

42~43℃の熱めのお湯に入ると、湯船の中と外の温度差に身体が対応できないので、血管が収縮してしまいます。
熱めのお湯に浸かると血の流れがよくなると思うのは間違いなんです。

全身浴を5分

いきなり熱いお湯に入ると身体が対応できないので、まず胸位までお湯に浸かり、手で肩にお湯をかけてお湯の温度に慣れてから、首まで浸かるようにします。
身体は、いきなり熱くなったりとか、いきなり寒くなったりという温度差が非常に苦手です。

半身浴を10分

いきなり、外に出ると寒い場合があるので、外に出る準備をするという意味でも、お風呂から出る前は半身浴をして身体をならしておきます。
全身浴から半身浴をすることで、下半身がしっかり温められて身体が冷えにくくなります。

区切り線(項目)441px

冷え性に関係する血流には自律神経が大きく関わっています!
自律神経はとっても繊細な神経で、熱すぎるお風呂や長すぎるお風呂は、自律神経のバランスを崩してしまうんです。

次は、自律神経についてもう少し詳しく見ていきましょう!

スポンサードリンク

自律神経の働きとは?

冷え性の原因は、実は血流不足からきているんです。
私たちの身体は、血管を拡張・収縮させることで血流量を変化させ、体温を調節しています。

血管の周りには、血管を収縮させたり拡張させたりする平滑筋と言う細胞(筋肉)が、らせん状に取り巻いています。

この平滑筋の周りにさらに自律神経が取り巻いていて、自律神経が平滑筋に作用して血管の収縮・拡張を行っているんですね。

自律神経には2種類あり、それぞれの働きは以下の通りです。

交感神経と副交感神経の働きとは?
  • 交感神経
    交感神経は緊張や心が乱れたりストレスを感じた時などに働く神経で、交感神経が優位になると血管が収縮し、収縮することにより血液を押し出して脳や肺など重要な臓器に血液を送っています。
  • 副交感神経
    副交感神経はリラックスした時などに働く神経で、副交感神経が優位になると、血管が拡張して手足の末端まで血液が多く流れるようになります。

冷え性の人は、血管を収縮させる交感神経が優位な状態が続いている人が多く、リラックスして副交感神経が優位になっても、血管はあまり広がらないんです。
そうすると末端に温かい血液が十分届かず冷え性が改善されないんですね。

血管の収縮と拡張が正常であれば、血流はいい状態で流れるんですが、自律神経が乱れると、血流がとても悪くなるんです。
一旦乱れた自律神経は、なかなか正常に戻りません。

だから、交感神経と副交感神経のバランスの良い状態を保つことがとても重要になってきます。

バスオイル400px

終わりに

冷え性にはお風呂の入り方がとっても大切でしたね!

熱いお風呂とか長いお風呂に入っていると、どうしてもその間の自律神経が乱れてしまうことになります。自律神経の乱れが冷え性の最大の原因!
そして、一旦乱れた自律神経はなかなか戻らないんです。

お風呂に正しい方法で入ることにより、繊細な自律神経が整えられて、身体の末端まで温かい血液が流れるので、手足の冷えを解消することができるんです。

中には、お風呂が苦手で5分で十分という人もいます。そのような方は、全身浴1:半身浴2の割合にして、短時間で入って大丈夫ですよ。
例えば、全身浴2分、半身浴4分にするといいですね。

ちなみに私は、生ぬるい人間なのか、ぬる~いお風呂での風呂寝が大好きで、1時間半とか寝ることがあります ♪
これがめっちゃ気持ちいいんです ^^

最長で4時間半寝たことがありましたが、さすがに手がふやけてしまい、身体を拭いても拭いても皮膚から水がにじみ出るような感じでした。バカですねえ~。

スポンサードリンク

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

高齢者の肺炎の原因は?一番多いのはこんなことだった!

肺炎のため中華料理の鉄人、周富徳さんが2014年4月8日に亡くなりました。 年齢 …

夏バテ対策は食事が基本!簡単レシピで夏を乗切る!

若い時は夏バテ知らずだったなあという方も、年齢とともに夏の暑さを厳しく感じるよう …

こむら返りの原因は?私はふくらはぎがよくつるんだけど・・

こむら返り、痛いです! う~っと声も出ないくらい痛いです! ふくらはぎに強いこむ …

亜麻仁油の効能がすごい!でも摂取量には注意が大必要!

認知症にいいと言われている亜麻仁油が、今、とっても注目されていますね! 私もなん …

ヨガをする女性
希少糖(レアシュガー)とは?ダイエットできる?

普通の砂糖は摂れば摂るほど太るという悩みがあるのに、いくら食べても太らない、それ …

えごま油の使い方!注意すべきポイントはたった2つ!

えごま油が認知症にいいって! 知ってましたか? そうでしょうねえ・・・ テレビの …

へそのゴマ掃除はオリーブオイルで!ごま油でもいいって?

きれいなビキニを着たお嬢さんのおへそにゴマが見えたら! 一瞬、引かれるかも分かり …

じゃがいものカロリー 100gは?栄養分も気になる!

じゃがいもって毎日の食事に1回は必ず出てきますね。 私も芋類大好きで良く食べてい …

アーモンドのカロリー1粒は?思った通り高い?低い?

アーモンドが美容と健康にいいからと、おやつやおつまみとして良く食べている方がいま …

寝られない!寝れない!ぐっすり気持ち良く眠りたーいっ!

寝つきが悪くてなかなか寝られない、やっと寝たのに夜中に何回も目が覚めてしまう、朝 …