ちょっと便利メモ

日常の役に立つ情報発信のブログです。

*

じゃがいものカロリー 100gは?栄養分も気になる!

   


じゃがいもって毎日の食事に1回は必ず出てきますね。

私も芋類大好きで良く食べています。おいしいですよね~。
でも、食べすぎるとカロリーが気になるし・・・

フライドポテト200px

中年過ぎるころから、結構気を付けているつもりでも、お腹周りがポテッとしてきますが、私だけじゃなくあなたもそうなんですか?

よく食べるじゃがいも100gのカロリーって、ご飯よりは少ないんですよ!

それでは、今日はじゃがいものカロリーと栄養分についてお届けします!

じゃがいも100gのカロリーは?

毎日の食事作りは、家族のために気を付けて作っています。
メニューは、家族の健康のために、食材の組み合わせを考えて、経済面も考えながら作っています。

じゃがいもは便利なので、毎日いろんな料理によく使っていますが、カロリーオーバーにならないか心配ですね。

気になるじゃがいも100gのカロリーは76キロカロリー

白米100gのカロリーは、168キロカロリーなので、約半分弱ってとこですかね。
中くらいのじゃがいも2個食べると、ご飯と同じくらいのカロリーなんですね。

量さえ気を付ければ、じゃがいもにはいろんな栄養が含まれているので、健康に良い食べ物と言えますね!

次は、じゃがいもにはどんな栄養があるのか見ていきましょう!

じゃがいもの栄養分は?

じゃがいもは常温で長期保存がきく、主婦にとってはすっごいありがたい食材です!

じゃがいもの栄養分
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンC
  • カリウム

じゃがいもには、上のような栄養素が含まれています。
これらの栄養素がどんな働きをするのか知りたくないですか?

じゃがいも350px

それでは、じゃがいもの効能を詳しく見ていきましょう!

ビタミンB1

疲労回復効果や集中力を保つ働きがあるビタミンB1は、水溶性なので汗や尿から出てしまうので、毎日摂取する必要があります。
また、食事で摂取した糖質をエネルギーに変える時に、ビタミンB1が必要となります。

だから、ビタミンB1が不足すると、身体がだるくなり疲れやすくなります。
じゃがいもには、ご飯の3倍のビタミンB1が含まれているので、毎日いろんな料理に使うと効率よく摂ることが出来ます。

ビタミンB2

ビタミンB2は、口内炎を予防したり、老化防止に役立っています。
ビタミンB1と同じく水溶性なので、汗や尿から出てしまうので、毎日摂ることが大事です。

ビタミンB6

ビタミンB6は、食事で摂取した糖質やたんぱく質をエネルギーに変える時に必要なビタミンです。
正常な睡眠や気分を安定させる、セロトニンと呼ばれる神経伝達物質がありますが、セロトニンを作り出すのもビタミンB6の役割なんです。

ビタミンC

ビタミンCと言えば、果物から取るイメージがありますが、じゃがいもに含まれるビタミンCは、ミカン並みの量があります。
いえいえリンゴの7倍もあるんです!

さらに、熱に弱いビタミンCですが、じゃがいもに含まれているビタミンCは、デンプンに守られているため、加熱調理しても大丈夫なんです!
ビタミンCは、体内でコラーゲンを作ったり、成人病の予防に、美容にと欠かせないものです!

カリウム

じゃがいもにはたくさんのカリウムが含まれています。
カリウムはナトリウム(塩分)を出す働きがあり、高血圧に効果的と言われています。

カレーライス400px

じゃがいもには上のような働きがある、すばらしい食べ物ですね!

終わりに

いろんな料理に使えるじゃがいもですが、カロリーが気になりました。

じゃがいも100gのカロリーは76キロカロリー!

野菜の中ではちょっと多い方になるでしょうか・・・
でも、じゃがいもに含まれている栄養分は下のように

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンC
  • カリウム

などがあるので、健康のために量を考えながら上手に摂りたい食材ですね!

矢印赤のグルグルじゃがいもで気を付けることとは?

新じゃがから芽が出た!食べてもいいの?

じゃがいもの保存!切った後ならコレがおすすめ!


スポンサードリンク

 - 健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

朝食抜きの影響!中高年には怖いことが!2つのポイントとは?

いろんな理由で朝食をついつい抜いてしまう人がいますね。 出かけるまで寝てしまう …

アルツハイマーの原因!アルミニウムは昔の事!最新はこれ!

アルツハイマー病の原因は、脳内にアルミニウムが溜まるからだと言われていましたね! …

手湿疹の治し方は?ワセリンの他何がある?

結婚してから手に湿疹ができる人多いようです。 そうです“主婦湿疹”というあれです …

生姜の効能!乾燥の方が冷え症に良いって本当!?

女性の冷え性は辛いですね! 冷え性の人は冬だけでなく、夏は冷房の影響もあり、1年 …

誤嚥の予防体操!私が実践中の簡単トレーニング法3つをご紹介!

年を取ると、食べているときによくむせるようになってきました。 お茶やコーヒーなど …

カフェインの取りすぎで眠れない!続けるとその他にも害がある?

カフェインの取り過ぎだろうか、最近眠れないことがあるんだよねって聞くことがあった …

ごまの栄養分!白と黒では何か違いはあるの?

ごまが嫌いだという人に、私はまだ会ったことがないんだけど、嫌いって人はいるのかな …

キャベツの栄養と効能!健康に欠かせないは過言ではない!

毎日、料理に重宝に使っているキャベツのこと、どれくらい知っていますか? キャベツ …

牛乳が体に悪いと言われる根拠は?女性にとって衝撃ニュースが!

牛乳は人間の体にとって良い・悪いの論争が長いこと 続いています。 牛乳は 良いと …

アーモンドのカロリー1粒は?思った通り高い?低い?

アーモンドが美容と健康にいいからと、おやつやおつまみとして良く食べている方がいま …