ちょっと便利メモ

日常の役に立つ情報発信のブログです。

*

じゃがいもの保存!切った後ならコレがおすすめ!

      2017/02/21


料理にじゃがいもを使う事って多いですね!

カレー、じゃがいもの煮っ転がし、ポテトサラダ、フライドポテト、じゃがいものバター焼きなどなど・・・

カレー350px

私は、じゃがいもに限らず芋類は大好きで、調理には良く使っています。
でも、料理の途中で作るものが変わり、切ってしまったじゃがいもを使わなかったり、人数分よりちょっと多く皮を剥いちゃうなんてことがあるんですよね~。

こんなことは、私だけじゃないと思うんです。
あなたもそうじゃないですか?

余ったからと言って捨てるのはもったいないです!

そこで、今日は皮を剥いて切った後のじゃがいもの保存方法をお伝えしますね!

スポンサードリンク

切った後のじゃがいもの保存方法

ついつい切りすぎてしまったじゃがいも!
そのままにしておくと、色が茶色や黒っぽい色に変わってしまいますね。
まるでカビが生えたように・・・

うわっー!これ食べられるんだろうか?
こんな時、あなたはどうしていますか?

もしかして、捨てているなんて・・・
そんなことないですよね!

◆切った後のじゃがいもの保存方法◆

方法1
切ったじゃがいもは、水を入れたタッパーかボウルの中に浸けて冷蔵庫で保存します。

この時、じゃがいもが水から上に出ないようにしましょう。

この方法で保存すると、1週間程度は大丈夫なんですが、栄養分が水に溶けだしてしまうので、翌日には食べるようにしたいですね。

区切り線-1

方法2
少し手間はかかりますが、茹でてからマッシュ状にすると冷凍することができます。

切ったままで冷凍したいところですが、じゃがいもを生で冷凍すると、解凍した時にボッソボッソになって食べられないんです。
茹でても塊のままだと食感が悪いので、つぶしてから冷凍しましょう!

家庭用の冷凍庫で保存する場合は、できれば2~3週間ほどで食べきるようにしましょう!

切ってそのままにしておくと、色が変わってしまい、食べられるんだろうかと心配になりますが、食べても害はありません!

でもなぜ、水につけておくと色が変わらないんでしょうか?

スポンサードリンク

切ったじゃがいもを水につけると色が変わらないのは何故?

皮を剥いて切ったじゃがいもは、そのままにしておくと、切断面が空気に触れることになり、じゃがいもの中に含まれているデンプンやポリフェノール色素が酸化して、茶色や黒色に変色するんです。

だから、空気に触れないようにしておくことで、酸化を防ぐので、色が変わらないのですね!

じゃがいもの品種により、色が変わりやすいものとそうでもないのがあります。
メークインで確認してみました!

じゃがいも350px

24時間放置したじゃがいもと水に入れたじゃがいも、思ったほど黒くなりませんでした!
ちょっと残念・・・

切ったまま放置すると、色が黒っぽく変わる品種もありますが、これは人間の身体には害を及ぼしません。
気を付けないといけないのは、じゃがいもの芽です!

じゃがいもの芽の危険性については、以前書いた記事を参考にしてくださいね。
新じゃがから芽が出た!食べてもいいの?

終わりに

料理によく使うじゃがいもは、切りすぎてついつい残ってしまったりしがちですが、これって私だけじゃないですよね!

切ってしまった後のじゃがいもの保存方法、代表的な2通りをご紹介しました。

  1. 水にひたす
  2. 茹でてマッシュ状にする

それぞれ、冷蔵庫・冷凍庫で保存しますが、家庭用の冷蔵庫なので、できるだけ早めに食べきるようにしましょう。

今回は切った後のじゃがいもの保存方法でしたが、私は「あっ、しまった!皮を剥きすぎちゃった!」ってことがよくあるんです。
そんな時は、ついでにじゃがいもをくし形に切ってから硬めに茹でておきます。

これをフライドポテトにすると、中はしっとり、外はカリカリにできるので、家族も喜んで食べてくれます。

スポンサードリンク

 - 生活, 食べ物

Comment

  1. 上杉純子 より:

    じゃがいもをきっ✌から 孫のきゅうしょくの献立が肉じゃがに気がついて すぐネット検索 助かりました ありがとうございます

    • ぐーぐー より:

      上杉純子 さん

      当サイトにご訪問いただきありがとうございます。

      生きる事の基本は食事なので、特にお孫さんのことは気になりますね。

      私は残念ながら、病気のために大好きだったじゃがいもを食べられなくなりました。
      じゃがいもサラダは、おからに変えたりして工夫して食べるようにしています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

梅干しにカビが出ても捨てないで!対処法はこれで!

健康のために減塩の梅干しを漬ける方がいらっしゃいますが、失敗したと言う話をよく聞 …

ネギを冷凍する!保存期間はどれくらい?

野菜をおすそ分けしてもらうとうれしいものですね! でも、たくさん頂いた時、若い時 …

汚部屋の片付け手順があれば汚女子の私もできる?

今、汚部屋が大注目! 自分の部屋も汚部屋状態! 誰も招待することができない! 実 …

夏の空
紫外線を防ぐ吸収剤と散乱剤!どちらを選ぶのがいいの?

ぼつぼつ紫外線が強くなり出す3月になると、外出するときは日焼けが気になります。 …

春分の日 2015年は振替休日あるの?

3月春分の日の頃は、お出かけには最適の季節ですね。 日数に余裕があれば少し離れた …

味噌は賞味期限切れても食べられる!?本当なの?

結婚したばかりの頃は、家庭料理を頑張って作っちゃいますよね! 家庭料理と言えば、 …

室内の写真
加湿器の種類による違いは?我が家に合ったものを選ぶには?

加湿器を購入すると決めた時、調べてみると知らないことがたくさんありビックリしまし …

残暑見舞いを出す時期はいつまでいいの?決まりはないの?

暑中見舞いが届いた方へは気を付けて出していたんだけど、思いもかけない方から遅く届 …

部屋を涼しくする方法は?エアコンがないんだけど!

真夏の暑い時でもエアコンを使わない人ってけっこういますね! エアコンの風が苦手な …

かかとのがさがさ!ケアしてストッキング伝線なし!

かかとががさがさするという男性は少ないですが、女性はかかとのがさがさに悩まされて …