ちょっと便利メモ

日常の役に立つ情報発信のブログです。

*

災害備蓄の準備!水道水でも大丈夫?

      2015/06/03


ペットボトルの水200px地震などの災害に備えて、多くのご家庭では備蓄品の準備がしっかりと行われていますね。

食品などの備蓄品の中で水を確保しておくことは、とっても大事なことです。

家族の人数により、何リットル用意しておけばいいのか、以前とは基準が違ってきています。

水道水をペットボトルや水専用のタンクに保存しているよと、話してくれる人がいます。
そうそう、私もなんですよ!

水道水を保存する時に気を付けることや、保存方法など知りたいと思いませんか?

そこで、水道水を災害用として備蓄する方法をご紹介しますので、参考にしてください。

スポンサードリンク

水道水を保存する方法

水道水をペットボトルなどに保存する時の注意点があります。

  • 煮沸しないこと
  • 浄水器を通さないこと

水道水は塩素が含まれたままのものを使うことが大事なんですよ!
煮沸したり浄水器を通すことで、塩素がなくなり水がくさりやすくなりますからね。

水道水を保存用に作る方法
  1. 大きさは、2リットルのペットボトルが扱いやすいので、2リットルのペットボトルを使用します。
  2. ペットボトルを食器用洗剤で洗ってよくすすぎます。
  3. 水を半分ほど入れ、キッチンハイター5mlを入れ、ペットボトルをよく振って、そのまま1時間ほどそのままおきます。
  4. 水道水を入れる前に、ペットボトルをよ~く洗います。
  5. 口いっぱいまで水道水を入れ、空気が入らないようにキャップをしっかりしめます。
  6. 日付を書いて、冷暗所に保存します。
  7. そして作った水は、半年くらいで作り変えましょう!

備蓄用の水に水道水を使用する方法は簡単でしたね!

次は、備蓄用にどれくらい用意すればいいのかみてみましょう!

スポンサードリンク

備蓄する量は?

大人一人の必要な水の量は、1日に3リットルが必要です。

以前、新聞やテレビなどでよく聞いたのは、災害用の備蓄を3日分は備えておきましょうと言う事でした。

しかし2011年の東日本震災以後は、1週間分の備蓄が言われています。
だから、最低でも1人分21リットルは用意しておきたいですね!

広い範囲が災害に遭うと、どうしても手が回りにくい所が出てきますからね。
特に災害直後は、現場も混乱して配給などがスムーズにいってないことが多いです。

災害のプロは、できれば1ヶ月は生活できる程度の備蓄が望ましいと、いっていますね~。
期限が切れそうな食料品などは普段の料理に使って、使った分だけ補充するローリングストック法にすると、備蓄品が無駄になることを防ぐことが出来ます ♪

終わりに

備蓄用の水は水道水でも大丈夫でしたね!

ペットボトルを消毒することで、半年くらいは十分使えます。
水道水では心配な方は、水道水とミネラルウオーターも準備しておくと安心ですよ。

私は消毒しないで、水道水を入れていますが、1年くらいもちますねえ。
古くなった水は洗濯に使って、無駄なく使っています。

矢印赤のグルグル災害は忘れたころにやってくる!

南海トラフ巨大地震は予知できる?その時私はこうする!

スポンサードリンク

 - 災害と防災 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

地震 机の下に入る
南海トラフ巨大地震は予知できる?その時私はこうする!

天災(災害)は忘れたころにやって来る! 日本は地震活動期に入ったので、巨大地震は …