ちょっと便利メモ

日常の役に立つ情報発信のブログです。

*

缶コーヒーのブラックで太るってホント! 痩せるって聞いたのに!

      2015/04/30


缶コーヒー200px「缶コーヒーで痩せると聞いてたんで、ちょっとだけ無理して飲んでいたコーヒーだけど「コーヒー飲むと太るよ!」と言われてちょーショック!」

「本当なのかなあ・・・」

「糖分は微糖でも飲んでると、ダイエットの効果がないだろうと思って、ちょっと見栄張ってブラックにしてたのにぃ!!」とは、知り合いの女性の話。

私も以前、ブラックコーヒーでダイエットできるって、聞いたことがあったので、コーヒーを飲むと太るのか痩せるのかすっごい気になるところ。
どちらが本当なのか、これはぜひともはっきりさせたい!

そこで、いろいろリサーチしたので太るのか?痩せるのか?お届けしますね!

スポンサードリンク

缶コーヒーのブラックは太る?太らない?

ブラックコーヒーを飲むと太るのか痩せるのか、とっても気になるところですが、

太るのはホント!
痩せるのはホント!

ん?ん?ん!

そうなんです。どちらも本当のことなんです。

砂糖入りのコーヒーが太るのは分かるけど、ブラックでも本当にそーなん?
私も信じられませんでした。

コーヒーを飲むと何故太るのか、何故痩せるのか次に説明しますね。

太る訳と痩せる訳とは?

太ると痩せるは相反する言葉ですが、一つの飲み物でこの二つの太る・痩せるの作用がどうして現れるのでしょうか?

太る訳

コーヒーにカフェインが含まれているのは、良く知られていることですが、コーヒーを飲むとカフェインの影響により、コルチゾールというストレスホルモンが増えます。
コルチゾールはある程度は必要な物ですが、たくさん分泌されると太る要因となります。

3つの太る要因とは
  1. 食欲を増進させる
  2. 代謝が落ちる
  3. 脂肪の蓄積

(1)の食欲を増進させるは、コルチゾールが食欲を抑える働きのあるセロトニンを減らしてしまうので、食欲を増すような働きをします。

(2)の代謝が落ちるは、コルチゾールが脂肪を分解する働きのある成長ホルモンの分泌を減らしてしまうので、代謝が悪くなり脂肪が燃えにくい体になってしまいます。

(3)の脂肪の蓄積は、コルチゾールはインスリンの働きを抑制するので、食事の後の血糖値を下げるためにいつもよりたくさんのインスリンが分泌されます。
インスリンは脂肪を蓄積する働きがあるので、食べたものが脂肪として蓄えられていきます。

痩せる訳

太る要因となるカフェインでしたが、痩せるための物質でもあります!

カフェインには、脂肪を分解する消化酵素リパーゼの働きを活発にする働きがあります。
脂肪が燃焼するためには、脂肪酸とグリセリンに分解されなければならないんですが、このとき働くのがリパーゼです。

そして、コーヒーに含まれるクロロゲン酸には脂肪の分解を促進する働きがあります。

2つの痩せる要因とは
  1. カフェイン
  2. クロロゲン酸

カフェインとクロロゲン酸の両方の相乗効果により、ダイエットに効果があると言われているんですね。
また、コーヒーには利尿作用があるため、むくみが解消され代謝をよくする働きもあります。

スポンサードリンク

コーヒーは飲み方次第で太ることもあり痩せることもできる飲み物ということが言えますね。

もちろん、個人差があるので、たくさん飲んでも太る影響を受けない人や、少ししか飲んでないのに太ったかなと言う人も中にはいると思います。

コーヒーを飲む量などを気を付けて、自分にあった適量を知ることも大事ですね。

コーヒーにはその他にもたくさんの効能がありました。そしてマイナス面も・・
次はコーヒーの効能とマイナス面を見てみましょう。

コーヒーの効能

コーヒーが発見された大昔は、薬として使われていました。
現在では、コーヒーのいろいろなたくさんの効能が分かっています。

コーヒーの効能
  • ダイエット効果
  • アンチエイジング
  • リラックス効果
  • ストレス解消
  • 脳の活性化
  • 肝臓に良い
  • 二日酔い防止
  • うつ病の予防
  • 消化を助ける
  • 覚醒作用
  • 利尿作用
  • 糖尿病の予防
  • 癌の予防
  • 動脈硬化の予防

コーヒーの効能、たくさんありましたね!
よく言いますよね「ちょっと眠気覚ましにコーヒーでも飲もうか」なんて、コーヒーのメリットの典型的な言葉じゃないですか?

でも、いいことばかりじゃなくマイナスの面もあります。

コーヒーのマイナス面
  • 胃が荒れる
  • 口臭の原因になる
  • 貧血
  • 睡眠の質の悪化
  • 摂りすぎると頭痛や眩暈に
  • 人によるが寝る前に飲むと眠れなくなる

終わりに

私もコーヒーは好きで、1日に3~6杯くらいは飲んでるかなあ・・
気分転換には欠かせなくなってるんですよ。もう習慣です!

コーヒーは太ることもホントだし、痩せることもホントでしたね。

でも、これは個人個人で違う結果になるのではないかと思います。
寝る前にコーヒーを飲んでも、すぐに寝られる人もいますからねえ~

スポンサードリンク

 - 健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

血管年齢の若返り!食べ物なら酢生姜がおすすめ!

老化が進んできた私が今一番気になっていることは血管年齢! 日本人の死因第2位は、 …

バナナのカロリーは1本どれくらい?食べすぎが心配!

バナナは手軽で美味しい果物ナンバー1! 朝、出勤前の時間がなくてばたばたしている …

生姜の効能!乾燥の方が冷え症に良いって本当!?

女性の冷え性は辛いですね! 冷え性の人は冬だけでなく、夏は冷房の影響もあり、1年 …

アルツハイマー型認知症の症状!段階を知れば怖くない!?

年を取ると、認知症になる人がたくさんいますね。 年齢的に避けられない事なのか、し …

四十肩と五十肩の違いは?どちらもめちゃ痛いんだけど!

もうすぐ50歳になる友人が、肩が痛くなって夜も寝られないくらいつらいと話していま …

マスクで耳が痛い!どんな対策すれば楽になるの?

マスクを長時間耳にかけていると、マスクのゴムが耳に当たり、耳の後ろ側が痛~くなっ …

えごま油の摂取量は?一日たったこれだけでばっちり!

50歳過ぎると健康はもちろん、どんどん増え続けている認知症など気になることがたく …

頭皮のかゆみの原因は?女性が気をつけたいポイント!

おしゃれと言うより、身だしなみには気を使っています。 特におしゃれをしているので …

糖質制限ダイエットのやり方は?成功した私からのメッセージ!

糖質制限ダイエットって簡単、簡単って思って始める人が多いようですが、挫折する人や …

熱中症対策 スポーツドリンク
熱中症対策に効果的なグッズとは!首の後ろを冷やすのは?!

毎年、暑い時期が近づくとニュースで「熱中症」がよく取り上げられます。 「熱中症」 …