ちょっと便利メモ

日常の役に立つ情報発信のブログです。

*

親の家の片付けでガラクタを上手に捨てさせる秘訣とは?

      2014/12/02


最近『親の家の片づけ』がとても話題になっていますね。

あなたも離れて暮らしている年老いた親の家が、ゴミ屋敷一歩手前状態になって
いませんか?

毎年、帰省するたびにだんだんと家の中に、あなたからしたらガラクタだと思えるものが
増えていっていませんか?

あなたにとってはこんなものまで何故しまっているの?というものでも、親にとっては
捨てるに捨てられない親側の事情もあります。

親の側から見れば

おばあさん戦中、戦後のモノのない時代に育った年代として、いつか使うかもしれないからという思いがとても強いんです。

だから、子世代から見れば、こんなものまで何でしまっているのかというものがたくさんあります。

例えば台所には使い捨てのプラスチック製のスプーン、割りばしなどこんなにためてどうするのというくらい大量にあります。

また、新しいタオルがいっぱいあるのに、使っているのは古びて汚くなった
手拭きのタオルを使っていたりします。

そういえば、私の実家もそうだわと思い当たることがありませんか?

以前、親と一緒に片付けをしたんだけど、ケンカになってしまったことってありませんか?

できればケンカをしないで、上手に片づけできればいいのにね・・・
片付けするときに言ってはいけない言葉があります。

スポンサードリンク

一緒に片付けするときの禁句とは

親の家の片づけ
年老いた親と一緒に片付けするときには以下のような禁句を言う事は厳禁です。

  ・こんなモノまで取っておくの?
  ・前は片付けがきちんと出来ていたのに!
  ・こんなモノ捨ててよ!

乱雑な部屋を見るとついつい、きつい口調で言ってしまいがちですが、
頭の上から命令口調で言われたら、あなただっていやでしょう?

長い年月生きてきた親とあなたでは価値観が違うのは当然です。

親は自分の考え方などを子供から否定されると親として悲しく、時には屈辱さえも感じてしまいます。

『親の意見を否定しない』これはとっても大事なことです。

親は年老いています、ここを分かって受け入れてください。

あなたは、自分の親はいつまでも昔のように元気でしっかりしていると思っていませんか?

このように勘違いしがちで、親が老いているなんて悲しくて受け入れたくないでしょうが、
親は確実に老化しているんですよ。

体力も衰えています、持続力も無くなっています。
親としても、家を片づけなくちゃと思っているはずですが、
体力がなくなって重たいものを運べない
椅子に乗って高い所のものを取れない
面倒なのでいつも使うものは手の届くところに出しっぱなしにしておく

こんな親と一緒に気持ちよく片づけするにはどうすればいいの?

気持ちよく一緒に片付けする方法

親子であるがゆえに、考え方や意見の違いからケンカになってしまいます。

おばあさん 怒った顔親としては、いくら子供でも自分の領分に入ってきて頭ごなしに
ガミガミ言われると、
「もういいから帰って!」
「もう来なくていいから!」
と、言いたくなりますよ。

子どもから見ればガラクタと思うものでも、親としては大事だと思っているものを上手に捨ててもらうコツはこれです!

捨てるか捨てないかは親にまかせる
捨てやすくなる理由を言う
同じモノはどれか1つにする
思い出の品は無理に捨てない

それぞれ意味があります。


捨てる捨てないは親自身にきめてもらうことが大事です。

これはいらないよねとあなたが決めて捨ててしまうと、後から捨てたことを後悔することがあっても、親自身が決定したことであれば、もしあれを捨てなければよかったと思うことがあっても自分で決めたことなので納得ができます。

捨てやすくなる理由とは、例えば布団であれば
「この布団重たいよね。押し入れにしまう時腰に来ない?」
「この布団は結構痛んでるね。こんなの使うのは貧乏くさくない?」
などの親が納得するような理由付けをしてあげると捨てやすくなります。

この時、少しでもきれいになると褒めてあげることも効果的です。
大人になると褒めてもらうことはほとんどなくなりますが、大人でも褒めてもらうと
うれしい気分になるものです。

終わりに

おばあさん 笑っ顔親の家の片付けを、ケンカなどしないで上手く片づけるには、

上手におだてながら褒めて
あげましょう。

あなたの親御さんも確実に老いてきていることを認めてくださいね。

そして、
捨てるための理由付け
を親が納得するように言って
あげましょう。

例えば、
腰に来るような重さだね、こんなの持ってお母さん大丈夫?
これ、ちょっと痛んでるね。新しくてきれいのがあるから取り替えようか?気持ちいいよ。
などと会話をしながら昔話でもすると、気分よく片付けができますよ。

頑張ってくださいね。

終わりの終わりに

親世代の方の考え方ですごく参考になることがあったのでお話ししたいと思います。

それは、以前書いた「くるみの効果と効能は?血管に効果があるのは本当だった!」でご紹介した、お隣の奥様です。

お隣のご夫婦はともに60代です。
そろそろいざという時の備えを日ごろから実行しているそうです。

家の片づけは奥様なりの基準を決めていらっしゃいます。

これは子どもたちにとっている?いらない?と考えながら捨てているそうです。

よく、旅行のお土産だとか、結婚式の引き出物でずっとしまったままにしているものなど、いらないものが家の中のかなりの場所を占めています。

家の片付けを業者に頼むと、量にもよりますが、30万円とか100万円以上かかったという
話を聞いたので、子どもたちにこんな負担を掛けたくないからと少しずつ家の中の整理を
しているそうです。

たぶん、ほとんどが要らないもののようです。
子どもたちとは好みや価値観が違うので、押しつけしないようにしているそうです。

これは私も参考にして、捨てるものは自分なりの基準を作り日ごろから
実行したいと思いました。

スポンサードリンク

 - 生活 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

端午の節句!飾りはいつまでって決まりはあるの?

男の子が生まれて初めての節句! わが子が逞しく育って欲しいとの願いを込めて飾りつ …

新じゃがから芽が出た!食べてもいいの?

じゃがいもはどこの家のキッチンにも常備されている便利でおいしい野菜です! 肉じゃ …

ビタミンCを含む食べ物!果物の中で多いのはレモンが一番?

小さい子供さんを持つお母さん方の話題によく上るのが、 「見て!見て!お肌がこんな …

米に虫が湧いた!対策として唐辛子は効果ある?

お米を買いすぎてしまって、虫が湧いて困ったという経験のある人はたくさんいます。 …

メガネの洗浄方法は?私のおすすめはこの3通り!

メガネって思っているよりもすぐに汚れると思いませんか? 家にいる時でも、なんでこ …

かかとのがさがさ!ケアしてストッキング伝線なし!

かかとががさがさするという男性は少ないですが、女性はかかとのがさがさに悩まされて …

おせち料理の重箱への入れ方!初めての三段!

重箱の中に入れる材料について知りたいと思いませんか!? そもそも重箱って何段なの …

キャベツの冷凍保存方法!2つのコツでおいしくなる!

キャベツを1玉買ったとき、最後まで上手に使う事できていますか? 以前の私は、キャ …

味噌は賞味期限切れても食べられる!?本当なの?

結婚したばかりの頃は、家庭料理を頑張って作っちゃいますよね! 家庭料理と言えば、 …

残暑見舞いを出す時期はいつまでいいの?決まりはないの?

暑中見舞いが届いた方へは気を付けて出していたんだけど、思いもかけない方から遅く届 …