ちょっと便利メモ

日常の役に立つ情報発信のブログです。

*

七夕の由来は?五色の短冊には意味があった!

      2015/03/26


七夕200px子供の頃には七夕の笹を飾ったり、短冊に願い事を書いていましたが、日本の伝統行事なのに由来については意外と知らないものですよね。

子供の頃に聞いたような記憶があるかも・・・

覚えているのは、織姫と彦星が年に一回だけ会うことが出来るというお話と、短冊に何か願い事を書いた事。

雨が降ると会うことが出来ないと聞いたので、雨が降らないか心配したことははっきり覚えています。

今日は、七夕の由来と五色の短冊の意味をお伝えします!

スポンサードリンク

七夕はどのようにして始まったの?

日本の古くからの行事は、中国から伝わったものが日本で行われていた行事と結び付ついたものがたくさんありますね。

ひな祭りや節分がそうですね。

以前書いた「ひな祭りの由来を簡単に言うと!子供にも分かりやすい!」をご覧ください。
以前書いた「節分の由来といわしの役目!子供の思い出に残る豆まきを!」をご覧ください。

七夕のルーツは「棚機(たなばた)」「中国の乞巧奠(きこうでん)」「織姫と彦星の伝説」の3つがあります。
この3つの行事が組み合わさり現在の七夕行事へとなってきました。

棚機(たなばた)
中国の七夕伝説が日本に伝わる以前に、日本では神事として「禊ぎ(みそぎ)行事)」が行われていました。
それは旧暦7月6日~7日に、秋の農作物の収穫が豊作になるようにと願ったり、人々のけがれを祓う為に行われていたものです。

神様にお供えする織物を、町や村から選ばれた乙女が、川などの清い水辺にある機屋(はたや)で棚機(たなばた)を使って織っていました。
選ばれた女性は「棚機津女(たなばたつめ)」と呼ばれていました。

神様は6日に訪れ、7日に帰ります。
神様が帰った夕方に、笹竹やお供え物を海や川に流して罪やけがれも一緒に流すお祓いをしていました。

乞巧奠(きこうでん)
昔の中国の乞巧奠(きこうでん)が日本に伝わり、平安時代には七夕行事として宮中で行われていました。
織女星にあやかってはた織りや裁縫が上達するようにと、7月7日にお祈りをする行事です。

庭先に祭った祭壇に針をお供えしてお祈りをしていました。

それがやがて、はた織や裁縫の上達だけでなく手習い事や書道などが上手くなるようにと願うようになりました。

平安時代の宮中の人々は、桃や梨、棗、なす、うり、大豆、干し鯛、アワビなどのお供え物を供えていました。
そして、お香をたいて星をながめながら、詩歌を楽しんでいました。

昔の貴族は、楽を奏でながら優雅なひと時を過ごしていたんですねえ~。

織姫と彦星の伝説
七夕に関してはこの織姫と彦星のお話が一番身近なのではないでしょうか。

中国の神様である天帝(てんてい)の娘の織姫と、働き者の牛使い彦星の有名なお話ですね。

毎日、美しい布を織り、天帝を喜ばせていた働き者の織姫にふさわしい結婚相手に、働き者の牛使い彦星が選ばれ、二人はめでたく結婚しました。

ところが、結婚前は二人ともあれほど仕事に励んでいたのに、結婚すると毎日がラブラブになり、仕事をおろそかにするようになりました。

その様子を見て怒った天帝は、二人がまた結婚前の働き者になるようにと、天の川をはさんで二人を離ればなれにしてしまいました。
愛し合っていた二人は引き離されたため働くどころか、悲しみのあまり泣いてばかりいて働くことをしませんでした。

思惑が外れた天帝は、それではと条件を出して1年に1度、7月7日だけ二人が会えるようにしました。
これがよく聞くお話ですね。

「棚機(たなばた)」「中国の乞巧奠(きこうでん)」「織姫と彦星の伝説」の3つのお話が長い間に結びついて、現在のような七夕祭りへと変わっていったものですね。

七夕が近づくと笹を用意して短冊を書きますが、「♪ごしきのた~んざく♪」と歌われています。
五色の短冊の色には意味があることはご存知でしたか?

スポンサードリンク

短冊の色には意味がある!

元々は裁縫や書道が上手になりますようにとお願い事をしていましたが、現代では短冊に書く願い事は何でも書くようになっていますね!
で、その願いが叶うと言われています。

七夕の歌では五色の短冊と歌われていますね。

♪ ささのはさらさら のきばにゆれる ♪
♪ おほしさまきらきら きんぎんすなご ♪
♪ ごしきのたんざく わたしがかいた ♪
♪ おほしさまきらきら そらからみてる ♪

五色の色にはそれぞれ意味があり、色別にお願い事が違うと言われています。
短冊に使われる色は、中国の「陰陽五行説」と儒教の「五常の徳」に対応しています。

色 別 五行説 五常の徳 意 味
青(緑) 徳を積む。人間力を高める。
学業の向上。
父母や祖先への感謝の気持ちを表す。
友人、知人などの人間関係を大切にする。
義務や決まりを守る。

色に関して、いろいろな見方がありますね~。
昔ながらのお願いもいいですが、カラーセラピーの考え方で書いてもいいようです!
色には次のような意味があります。

  • 緑色は落ち着いている、おだやか、癒しの力、真の自分らしさを大切にする。
  • 紫色は洞察力にすぐれ、精神性を大切にする、深く内面や本質を見る。
  • 赤色は行動力にあふれ、いつも前向きで現実的で外交的である。
  • 黄色は中心的な存在で、明るく楽しく陽気である。

色の持つ意味を参考に、その時の願い事を書くといいのではないでしょうか!
例えば、赤色の短冊に「元気で積極的な自分になりたい!」
紫色の短冊に「内面を見つめ自分のことをもっと良く知って新しい道を進みたい!」

終わりに

七夕の由来は、「棚機(たなばた)」「中国の乞巧奠(きこうでん)」「織姫と彦星の伝説」の3つのお話が長い間に結びついたものが、現代の七夕祭りとなっていましたね。

また、短冊の色は中国の陰陽五行説と儒教の「五常の徳」に対応し、それぞれの色の意味がありました。

中国古来より伝わる思想の陰陽五行説は、すべてのものは「木、火、土、金、水」の5つの元素によって成り立つという考え方です。
身体の臓器も五行説で表されるそうです。

中国の文化というのでしょうか、昔からの考え方にはすごいものがありますね!

スポンサードリンク

 - 生活 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

0-13
母の日プレゼントのランキング! 60代の親がもらって嬉しいのは?

毎年、母の日が近づくと「今年は何を贈ろうかな・・・。何がうれしいのかなあ」と悩み …

恵方巻き150px
節分の恵方巻き食べ方!願い事をかなえる丸かぶりとは!

節分の日に恵方巻を食べると縁起がいいので最近では たくさんの人がこの日に恵方巻を …

120036
母の日カード!メッセージはうれしく感じるものを!

母の日のカード、メッセージに何を書こうか悩みですよね。 一緒に住んでいるか、遠く …

折り紙の兜
端午の節句!飾りはいつまでって決まりはあるの?

男の子が生まれて初めての節句! わが子が逞しく育って欲しいとの願いを込めて飾りつ …

ミキサー150px
ミキサーとフードプロセッサーの違いは?大根おろしができるのは?

ミキサーはあるけど、フードプロセッサーは持ってないという人は、不便なことはないの …

親の家の片づけ
物を捨てるコツは6つ!これさえできればスッキリ!

結婚して家族が増えてくると、家の中には物があふれてしまい、なかなか上手に片づけら …

150903
カフェオレとカフェラテの違い?ミルク入りは意外にも奥深い!?

コーヒーの好きな人は多いですね。 私も大好きで、飲むのはブラックなんです。 最初 …

芝刈り機
芝刈り機 電動、手動、エンジン式から自分の庭に合ったものを選ぶ!

綺麗な緑色の芝生をはった庭を見ると、と~ってもうらやましい・・・ きれいな状態を …

163139
じゃがいもの保存!切った後ならコレがおすすめ!

料理にじゃがいもを使う事って多いですね! カレー、じゃがいもの煮っ転がし、ポテト …

グレープフルーツ150px
ビタミンCを含む食べ物!果物の中で多いのはレモンが一番?

小さい子供さんを持つお母さん方の話題によく上るのが、 「見て!見て!お肌がこんな …