ちょっと便利メモ

日常の役に立つ情報発信のブログです。

*

不眠症を改善するにはやってはいけないこととやらなくちゃいけないことがある!

      2014/12/02


 不眠症はとってもつらいものです。
私は布団に入りなかなか寝付けないときなど、寝なくちゃと思えば思うほど寝られないことがすごいストレスになっています。

快適睡眠ぐっすり眠れる快眠術を手に入れると、
  ●やせられる
  ●美肌効果がある
  ●生活習慣病が予防できる
など、気持ちよく寝られてさらにこれらの効果が期待できる!

不眠症の原因や対策、治し方などできることを試してみようといろいろ情報を仕入れています。

不眠症の原因

不眠症の原因にはいろいろありますが、代表的なものには、体調不良や病気・ストレス・時差ボケ・昼夜逆転の生活・アルコールや薬によるものがあります。

これらの中の環境が影響する時差ボケや昼夜逆転などは、本人の努力で改善するタイプの不眠症もあります。

また、病気の場合などは病気そのものが治れば不眠症が解消されることが多いです。

しかし、病気の中でもうつ病などから来る不眠症の場合は、睡眠導入剤などのお薬を飲むなどしたほうがいいケースもあります。

スポンサーリンク

不眠症の人が絶対やっちゃいけないこと!

不眠症の人がやってしまいがちなことがあります!

スマートフォン布団に入って「さあ~、寝よう」と思うと眠れない、寝られないときにやってしまいがちなのが、どうせ寝られないならちょっとスマホでメールをチェックしたりゲームをしたりしていませんか?

スポンサーリンク

これは、絶対にやってはいけません!

その理由は、人が眠りにつくための準備を行う睡眠ホルモン『メラトニン』の分泌が減ってしまうからです。

メラトニンは脈拍をゆっくりにしたり、体温を下げて眠りにつく準備をしますが、明るい光を見ると減ってきます。

300ルクス以上の光で減り始め、500ルクス以上になると大幅に減ります。

スマートフォンの光は500ルクス以上になるので、これではますます目が冴えて眠れなくなってしまいます。

このページの上へ

歯磨きは時間を考えて!

歯ブラシ寝る直前に歯磨きをする人が多いと思いますが、快眠のためにはこれはいけません。

歯磨きをすると歯茎を刺激します。
歯茎が刺激されると睡眠ホルモン『メラトニン』が減ってしまいます。

せっかく寝るために重要なメラトニンが増えてきたのに、これでは何にもなりませんね。

そこでハミガキをする時間が大切になってきます。

歯磨きは眠る1時間前までに済ませておく!

どうしてなのか?
一度減ったメラトニンの分泌は、1時間で再び増え始めるからです。
だから、寝る1時間前までには歯磨きを済ませておきましょう!

このページの上へ

スポンサーリンク

 - 健康 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

免疫力アップの食材は?風邪が長引くようになったので
えごま油の摂取量は?一日たったこれだけでばっちり!
鼻くそがたまりやすい原因は?それを食べる人を見た!
缶コーヒーのブラックで太るってホント! 痩せるって聞いたのに!
くるみの栄養!注目の効果はナッツなのにこんなにも!
亜鉛の効果は髪にもある?息子の頭の毛が最近薄くなってる!
寝られない!寝れない!ぐっすり気持ち良く眠りたーいっ!
糖質制限ダイエットのやり方は?成功した私からのメッセージ!
炭酸水ダイエット!効果が出る飲み方をしないと逆に太る!
5月の花粉症!原因植物はよく見かけるあれだった!