ちょっと便利メモ

日常の役に立つ情報発信のブログです。

*

卵の食べ過ぎは病気になるの?ならないの?それとも・・

      2015/01/13


卵かけごはん日本人で卵が嫌いだという人っているのかなあ・・・

卵かけごはんにした、あのとろ~とした卵が大好きと言う人はたくさんいますね。

その他にも卵焼き、目玉焼き、ゆで卵、オムレツ、卵どんぶり、炒り卵、おでんの卵、茶わん蒸しなどこんなにたくさんの調理方法があるんですよ。

しかも、安いので家計にやさしいというおまけ付き!

しかし、卵を食べすぎると病気になると言われているので、50歳を過ぎたご主人のコレステロールが、取り過ぎになるのではと心配なんですね。

巷では卵の食べすぎは病気になるよとか、病気になるという事はないよと、意見が分かれています。

ということで、問題となっているコレステロールの根拠をみてみましょう!

コレステロールの知らなかった意外なこととは!

卵を1日に3個食べる実験の結果、コレステロールがどうなったか意外な結果のお話です!
 ↓ ↓


卵をたくさん食べるとコレステロールが増えて病気になりやすいと言われたのは、一昔も前の話ということですが、なぜこのように言われたのでしょうか?

それは、90年ほど前のウサギの実験が原因となっています。

ロシアの医学者たちがウサギにコレステロールを含んだエサを与え、実験を行ったところウサギが動脈硬化を起こしたのがきっかけとなり、コレステロールが悪者になってしまったんですね。

うさぎ

この実験はウサギを使ったことが大きな間違いだった!

そもそも草食動物であるウサギにコレステロールを与えると、そのまま反映されて確実にコレステロール値が上がります。

人間は肉類を食べるので、コレステロールが体に入るとそれが反映されますが、コレステロールをたくさん摂っても人間の体は、バランスを取るようにできているんです。

実は、人間の体の中では1日に必要な量のコレステロールの70%が作られています。

こんなこと知ってました?

だから、食べる物からコレステロールがたくさん入ってきても、きちんと体内で作るコレステロール量を加減して一定になるようにしているんですね。

ということなんで、卵をたくさん食べても人間の体の仕組みによって、コレステロールはコントロールされるんです。

この結果から、
卵をたくさん食べても病気にならないと推測できます。

まっ、このような結果だからと言って、ゲフゲフ言うほど食べてはいけませんよ!

それでは、卵を食べすぎると病気になるという人たちの意見を見てみましょう!

食べ過ぎると病気になるという説

茶わん蒸し200px卵の食べすぎはいけないよと言う人たちの意見です。

  • 卵を食べすぎると、コレステロール値が上がるので食べすぎはいけない、1日に1個が適正量でしょう。
  • コレステロール値が上がると、高脂血症になりやすいので食べすぎはいけないよ。
  • 卵をたくさん食べるとコレステロールが高くなり、高血圧、動脈硬化、心筋梗塞、心不全、脳梗塞などになるリスクがたかくなるんでは・・・

卵を食べすぎると病気になるのは、コレステロール値が高くなるのが原因という意見のようですね。

それでは、次は病気にはならないという意見を見ましょう!

スポンサードリンク

食べ過ぎても病気にならないという説

卵焼き卵は少々食べ過ぎても病気になることはないという人たちの意見です。

  • 毎日、平均2個は食べてるけど、健康診断するとすべての数値が正常範囲内なので、卵の食べ過ぎが病気につながるとは思えないよ。
  • 卵の食べすぎはコレステロール値を上げると言われていたのは、一昔も前の話だよ。
  • 卵の食べ過ぎで死んだって話は聞いたことがないね。
  • 卵の白身と黄身の両方を食べれば問題はないよ。
  • コレステロール、コレステロールっていうけど、白身にはコレステロールを下げる働きがあるんだよ。
  • ゆで卵ダイエット中は1日にゆで卵を6個食べてたけど、何も特に問題なんてなかったですよ。

卵の食べ過ぎの1番の問題点はコレステロールでしたね!!

終わりに

卵をたくさん食べると病気になるかということですが、コレステロール値が上がるからというのが根拠になっているようでした。
しかし、人間の体はうまくできているんですね。

コレステロールって食べ物からだけ入ってくると思っていません?

あまり、知られていないのですが、1日に必要なコレステロールの70%の量が、体内で作られているんですよ。
だから、食べ物から摂る量に応じて、体内で作る量を加減して一定になるようにしてるんです。

このようなことから、卵を食べる量はあまり心配しなくても良さそうでしたね!

スポンサードリンク

 - 健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

老人性難聴は改善できる!その方法はたったこれだけ!

年を取ると耳が遠くなるのは当たり前のことだと思っていませんか? 私も年取ると誰で …

喉のイガイガを速効で治す方法ってある?病院は行きたくないんだけど!

喉がイガイガする時ってストレスを感じないですか? エヘン!エヘン!と何度しても、 …

認知症防止にいい食べ物!追跡調査で新しく分かったことは?

最近は認知症の研究が進んできて、そのメカニズム解明や防止に期待が寄せられています …

生活習慣病
生活習慣病を予防する方法は?健康を継続できれば怖くない!

体力の衰えを感じるようになると、気になるのが生活習慣病。 お風呂に入るたび、タプ …

ビタミンDがカルシウムの吸収率を上げる!その関係は?

40歳を過ぎると身体の衰えを、否が応でも自覚させられますね! 老眼が始まる、無理 …

ピーナッツの栄養!高齢者が食べるべきという研究結果とは?

あなたはピーナッツは良く食べますか? 私は大好きで、特に最近、殻付きのピーナッツ …

エボラ出血熱とは?日本のインフルエンザ治療薬が特効薬になる?

名前だけは知っていたエボラ出血熱! 死者が1000人を超えたエボラ出血熱が流行し …

プール熱の潜伏期間はうつる?治ってから注意することは?

夏のプール遊びは子どもにとっては、夢中になる水遊びの楽しみの一つです! でも、プ …

爪が割れる原因!縦の場合はどんなことが?

きれいな手の人と握手をすると、いつまでも手を握っていたいような気持になりませんか …

希少糖の効果でダイエットできるのか?内臓脂肪と体脂肪の検証結果はこれだ!