ちょっと便利メモ

日常の役に立つ情報発信のブログです。

*

ドライヤーの正しい使い方!冷風を最後に当てる!

   


ドライヤーを正しく使う女性シャンプー後のドライヤーの使い方を間違っている方が多いように思います。
こう言ってる私も実は間違ったやり方をしていましたけどね。

洗った後の髪の毛の水分を早く取ろうと思って、タオルでゴシゴシ拭いていましたが、これなど一番やってはいけないことでした。

また、これも早く乾かそうと思ってドライヤーの温度を強にして、ガンガン当てていました。
友人に「随分と髪の毛を痛めてるね」と言われ、調べてみるとだめなことばかりやっちゃってました。
ドライヤーの当て方をちょっと気を付けるだけで、髪の毛のダメージを防ぐことができます!

と言うことで、正しいドライヤーの使い方を調べました!

ドライヤーを正しく使おう!

正しいドライヤーの使い方をマスターして艶のある髪の毛にする方法です。

まずは、こちらの正しいドライヤーのかけ方をご覧ください。
 ↓ ↓

  • タオルで髪の毛の水分をやさしく拭き取ります。
  • この時、絶対に髪の毛を擦ってはいけません。

  • 次にドライヤーを当てますが、頭皮から最低20センチは離しましょう。
  • 頭頂部から髪の毛をすくって、頭皮と髪の根元に風を当てます。
  • 次に中間部を乾かします。
  • 最後に毛先を乾かします。
  • ポイントは同じ所だけに風を当てないようにします。
  • そして、完全に乾かさないことです。

  • 最後に冷風を当てて、キューティクルを引き締めましょう。
  • この作業が終わってからブラッシングをしましょう。

髪の毛を痛めないポイント

ドライヤーを正しい方法でかけることで、きれいな髪の毛をキープすることができます。
普段から気を付けて、なるべく髪の毛を痛めないようにすることも大事です。

髪の毛を痛めないポイントを紹介します。

シャンプー後

シャンプー後はなるべく早く乾かすようにしましょう。
濡れたまま寝るなんてもってのほかです!
髪の毛にも悪いし、雑菌が繁殖してフケやかゆみの原因になります。
また、キューティクルが剥がれてしまい、艶のないパサパサの髪になります。

ドライヤーを使用中

ドライヤーで乾かしている時は、ブラッシングはしないようにしましょう。
ブラッシングは髪の毛が完全に乾いてからですね。
キューティクルは上から下方向にうろこ状になっています。
ドライヤーを当てる時は、キューティクルに逆らわないように頭頂部から毛先に向かって当てましょう。


スポンサードリンク

美しい髪のために

シャンプーした女性
きれいな髪の毛を保つために、できるだけストレスをなくしましょう!
ストレスのため、髪の毛が抜けることもあります。

また、疲れたからとシャンプーをしないでそのまま寝てしまうのも髪の毛によくないですね。

そして「朝シャンするからいいじゃん」と思うと、とんでもないことになります。
朝シャンするとハゲるなんて言われていますよ。

朝シャンがこんな危険だとは!知らないあなたに恐ろしい悲劇が!

終わりに

ドライヤーの正しい使い方は

  • 濡れた髪の毛をタオルでゴシゴシ擦らない
  • ドライヤーは頭から最低でも20センチは離す
  • 髪の毛が火傷するので1か所へ集中して当てない
  • 頭頂部から毛先に向かってドライヤーを当てる
  • 髪の毛は完全に乾かさない
  • 最後に冷風を当ててキューティクルを締める

でした。

女性であれば「髪は女の命」なんて古くから言われていますね。
それくらい女性の髪の毛には魅力を感じる男性が多いのでしょう。

パーマやカラーリングで髪の毛はSOSを出しています。
できるだけ痛まないように気を付けて、魅力的なヘアスタイルが保てるといいですね。

スポンサードリンク

 - 生活 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

冷奴180px
ネギを冷凍する!保存期間はどれくらい?

野菜をおすそ分けしてもらうとうれしいものですね! でも、たくさん頂いた時、若い時 …

フリーマーケット
フリーマーケット出店の極意!

家庭で使わなくなったものなど、フリーマーケットに出品するとけっこう面白く売れます …

自転車事故170px
自転車事故!子供の事故でも多額の損害賠償命令が!備えは万全ですか?

自転車の事故で約9500万円の損害賠償命令の事例があったことは、ご存知ですか? …

118770
2015年のお盆休みはいつからいつまで?予定は早めが安心!

結婚するとなかなか帰省できないので、せめてお正月とお盆には実家へ顔出ししているっ …

洗濯表示マーク180px
洗濯表示マークの意味は!その通り洗わなくてもいい?

ちょっと奮発して買った洋服の洗濯には気を使いますね。 洋服には必ず洗濯表示マーク …

鉛筆
鉛筆の持ち方と教え方!幼児のうちにマスター!

子供は1歳くらいになるとお絵かきに興味を持ち始めます。 お絵描きと言っても、ただ …

蚊
蚊の対策の効果的な方法は!メスの蚊が吸血する訳は?

 全世界で人間を殺した数が多い生物ランキング1位は、意外にもあの小さな『蚊』です …

メンズストール500px
ストールの巻き方!メンズの冬にはピッティ巻きがおすすめ

50歳過ぎくらいからは、あまり若ぶったおしゃれはできないですねえ~。 女性もだけ …

かかとがさがさ
かかとのがさがさ!ケアしてストッキング伝線なし!

かかとががさがさするという男性は少ないですが、女性はかかとのがさがさに悩まされて …

お雛様200px
初節句のお祝い!ひな祭りの料理何にする?

子供が生まれて初節句のお祝いは張り切っちゃいますよね! おじいちゃん、おばあちゃ …