ちょっと便利メモ

日常の役に立つ情報発信のブログです。

*

ひな祭りの由来を簡単に言うと!子供にも分かりやすい!

      2017/02/14


桃の節句にお雛様を飾ると女の子は大喜びします。
幼稚園生くらいになると、いろんな疑問がわいてくるのかお雛さまに関する質問がたくさん飛んできますね。

お雛様200pxお雛さまはどこから来たの?
お雛さまの横のお花はなんていうお花?
お雛さまは○○ちゃん家に車に乗って来たの?
お雛さまは何を食べてるの?
お雛さまはいつ帰っちゃうの?

こんな可愛らしい質問に、子どもが分かるように説明するのはとても難しいですね。
まず、自分がよく分かってないと上手に言えません。

ひな祭りの由来を知ることから始めましょう!

スポンサードリンク

ひな祭りの由来を簡単に言うと

お雛様500px
ひな祭りは複数の行事ごとが、長い年月を経て組み合わさってできたものです。

昔の中国で三月最初の巳の日に行われていた、体を清めることで災いを免れる風習が、平安時代の日本へ伝わりました。

それが日本に伝わってから、流し雛へと変わっていきました。
そして流し雛では、紙で作った人形(ひとがた)に災いを託し、健康でありますようにと幸せになりますようにと、無病息災を願って川に流すようになりました。

また、そのころに、貴族の女の子たちの間では「ひいな遊び」というままごとのような遊びが楽しまれていました。

この二つが江戸時代ころまでに一緒になり、紙の人形から豪華な雛人形へと変わっていったのでした。
これが一般庶民の間にも取り入れられ、お雛さまや調度品が一緒に飾られるようになりました。

これが、現代まで女の子のお祭りとして続いているものです。

こどもの日なども長い時を経て、ゆっくりと変わっていきましたね。
こどもの日の由来は「こどもの日の由来!簡単に言うと?」をご覧ください。

最後にお雛様につきものの菱餅について簡単に見てみましょう!

スポンサードリンク

菱餅とひなあられの色の意味

菱餅がひな祭りに飾られるようになったのは、江戸時代後期より後のことです。

菱餅は紅、白、緑の3色が重ねられていますが、色の意味も何通りもありますが、よく言われているのは次の二つです。

菱餅の色の意味

(1)
白色は浄化の意味がある。
菱餅200px紅色は魔除けを表している。
緑色は健康を表している。

(2)
白色は雪を表している。
紅色は桃の花を表している
緑色は新緑を表している。

色に使っているものは

それぞれの色にはよもぎ、ひしの実、クチナシが使われています。
緑色:よもぎ
白色:ひしの実
紅色:クチナシ

よもぎには造血の効果が、ひしの実には降圧剤の役目が、クチナシには解毒作用があります。

長くて寒い冬は昔の人たちにとってとても辛いものでした。
だから、春になるのがとても待ち遠しいものでした。

菱餅は、ひな祭りの頃の情景を表しています。地上では桃の花が咲き、残った雪の下には春の息吹の芽を表しています。

菱餅を小さく切って揚げたものがひなあられなので、意味は菱餅と同じになります。

終わりに

ひな祭りの由来を簡単に言うと、元は昔の中国で行われていた水で体を清め、災いを流す風習が平安時代に伝わったものです。

日本では紙で作った人形(ひとがた)に災いを託して川に流すようになりました。

それが長い時間をかけ、日本の女の子の遊びだった「ひいな遊び」と一緒になり、江戸時代には一般庶民にも広がり、豪華なお雛さまが飾られるようになりました。

ひな祭りには、女の子が無事に育つように、幸せになるようにとの願いが込められています。

初めてのひな祭りには、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒にお祝いをすると思いますが、お料理を何にするか迷いますね。
初節句のお祝い!ひな祭りの料理何にする?」が参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - 行事・イベント , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

初節句のお祝い!ひな祭りの料理何にする?

子供が生まれて初節句のお祝いは張り切っちゃいますよね! おじいちゃん、おばあちゃ …