ちょっと便利メモ

日常の役に立つ情報発信のブログです。

*

酢の効果!健康面から生活習慣病との関係を見ると?!

   


お酢はずっと昔から健康に良いと言われていました!

健康面で、最近バツ印になった私は、生活習慣病にいいと言われるものがすっごい気になるようになってきました。

健康に良いと言われるものはたくさんありますが、それらの中でできることはなるべく取り入れるようにしているんですよ。
その中にお酢も当然入っています!

生活習慣病が気になり出したあなたも、気になるんではないでしょうか?
たったこれくらいの量でいいの?と思うくらいの量で、生活習慣病の予防に効果が見込めると言われています。

今回は、お酢とは生活習慣病にどんな効果が見込めるのかを見ていきましょう!

スポンサードリンク

生活習慣病を改善する酢のパワーとは?

料理には欠かせないお酢ですが、こんなパワーがあったんですねえ。
食べながら、生活習慣病の予防ができるとは・・・

酢のパワー!
  1. 血糖値の急上昇を抑える
  2. 血圧を下げる
  3. 内臓脂肪を減らしてくれる
  4. 総コレステロールと中性脂肪の値を下げてくれる

それではこれらを詳しく見ていきましょう!

1.血糖値の急上昇を抑える

糖尿病の専門の先生は「できたら毎日、お酢を一緒に野菜と食べると良いですよ」と、指導しているくらいなんです。
その訳は2つあります。

食後血糖値の急上昇を抑える理由

  1. 炭水化物の消化分解を抑える
  2. ご飯やパンなどの炭水化物を食べると、消化分解されてブドウ糖になって、腸から血液の中に吸収されるんですね。お酢はその消化分解を抑えるんです。

  3. 食べ物が胃から腸へ行く時間を遅くする
  4. お酢の入った料理を食べると、食べ物か胃から腸へ行く時間を遅くするんです。そのために、糖の吸収がゆっくりになって、食後血糖が急激に上がるのを防ぐんです。

血糖値の急上昇が繰り返されると血管にダメージが加わり、動脈硬化が進むようになります。
酢には食後血糖値の急上昇を抑え、血管の健康を守る働きがあります。

スポンサードリンク

2.血圧を下げる

お酢が健康に良いと言われているのは、お酢に含まれている成分「酢酸」の働きです。
この酢酸が体の中に入ると、血管を広げる物質になり、その結果、血流がよくなるんです。血液が正常に流れるので、血圧にいいと言われています。

お酢には使う原料により、米酢やリンゴ酢などたくさんの種類がありますが、酢酸はどの種類のお酢にも同じパーセントで含まれています。

3.内臓脂肪を減らしてくれる

お酢に含まれている成分「酢酸」が、内臓脂肪を減らしてくれます。
その理由として以下の2つがあげられています。

内臓脂肪を減少させる理由

  1. 脂質の合成を抑制する
  2. 脂質の燃焼を促進する

体に取り込まれた栄養分はエネルギーとなり、運動する時や体を維持するために使われますが、余ったものは中性脂肪として皮下脂肪細胞や肝臓に溜められます。

この一部が脂肪として内臓に溜まったものが内臓脂肪と呼ばれています。
お酢の成分「酢酸」が、内臓脂肪を減らすことが検証されています。

4.総コレステロールと中性脂肪の値を下げてくれる

お酢に含まれているクエン酸やアミノ酸には脂肪を燃焼する働きがあります。

脂肪が燃焼されるようになると、体は中性脂肪をエネルギーとして使うようになります。その結果、余分な中性脂肪が減り、コレステロールもそれに比例して減っていきます。

生活習慣病が気になるあなたにとって、お酢はとっても心強い食材となりますね!
でも、とっても大事な注意点があるんですよ。

次はお酢を摂る場合の注意点を見ていきましょう!

酢を摂る場合の注意点!

お酢を摂るときの注意点とは
お酢は摂り続けないとその効果が得られない!

それは、お酢博士と言われる東京農業大学の小泉幸道農芸化学博士が実験したデータによります。

  1. 血圧が高めの人に、毎日大さじ1杯の酢を約2か月間摂取してもらうと、最高血圧が10以上も低くなった。
  2. 毎日大さじ1杯の酢を約3か月摂り続けると、血液中の総コレステロールと中性脂肪の値が下がった。
  3. 酢を摂取して14週間後、平均して内臓脂肪が4.9%減った。


1番目と2番めは両方とも飲み始めた直後から大幅に下がり、いい結果が得られたんですが、残念なことにお酢を摂ることを止めてしまうと、元の数値に戻ってしまったんです。

基本的には、摂り続けないとお酢の効果は得られないという事になります。

次は、私が毎日無理なく取り入れている簡単酢料理を2通りご紹介しますね!

お酢を無理なく摂るには!

毎日の料理で「さあ、お酢を使った料理を作ろう!」と思うと、ちょっとしんどくなりませんか?

そこで一つ目は、私は出来上がった料理の上からお酢をサッとかけます。
油を使った料理とは相性抜群なので、野菜炒めなどにかける事が多いですね。
お酢をかける事によって油の粒子が細かくなり、油っぽさを少なくしてくれる作用があります。

それから、二つ目は常備菜のような形にしたものを作り置きしています。

お酢を使った常備菜

  1. つけ汁を作り、野菜を入れる
    水:300cc
    塩:7g
    昆布茶:5g
    酢:30~50cc
    野菜:きゅうり、大根、白菜など

    ※お好みにより、塩・昆布茶・酢の量は変えてくださいね。
    ※大根、白菜は1日以上つけた方がおいしいです。

  2. 酢生姜にする
    酢生姜の作り方と摂り方は「血管年齢の若返り!食べ物なら酢生姜がおすすめ!」に詳しく書きました。

近年の研究では毎日大さじ1杯のお酢を摂ると、健康に良いということが分かってきました。
たったこれだけの量で健康が得られるのはうれしいことですね ♪

終わりに

お酢には生活習慣病に対して、びっくりするようないい働きをしていましたね。

  1. 血糖値の急上昇を抑える
  2. 血圧を下げる
  3. 内臓脂肪を減らしてくれる
  4. 総コレステロールと中性脂肪の値を下げてくれる


最初に、私は健康面でバツ印になったと書きましたが、健康に対して過信していたところがありました。
やっぱりというか当然というか、糖尿病になってしまったんですよ。

糖尿病になってしまった経緯は「糖尿病の初期症状!チェックの方法は?」をご覧ください。

糖尿病といえば、生活習慣病の親分格なんで、これ以上悪くならないようにいろんなことに対して気を付けるようになりました。

もっと前から生活習慣病のことに気を付けていればと、いまごろになってとても反省しています。あなたには私のことを是非反面教師にしていただければと思います。
私みたいにならないように、転ばぬ先の杖で、簡単にできる事から始めてみませんか?

スポンサードリンク

 - 健康, 糖尿病, 食べ物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

冷え性の人のお風呂の入り方!知っておきたい3つのポイント!

冷え性は辛いですよね! 寒い時期は布団の中に入っても、足は大根のように冷たいまま …

牛乳が体に悪いと言われる根拠は?女性にとって衝撃ニュースが!

牛乳は人間の体にとって良い・悪いの論争が長いこと 続いています。 牛乳は 良いと …

へそのゴマ掃除はオリーブオイルで!ごま油でもいいって?

きれいなビキニを着たお嬢さんのおへそにゴマが見えたら! 一瞬、引かれるかも分かり …

炭酸水ダイエット!効果が出る飲み方をしないと逆に太る!

中年になるとダイエットをしても、なかなか効果が出にくくなっているのは私だけではな …

アーモンドの栄養と効果!我が身の健康を守る秘訣とは!?

アーモンドはナッツだから太るイメージがありますが、最近では私たち高齢者の間でも健 …

花粉症対策に茶!と言われるけど何があるの?

花粉症の時期になると、私の周りでも鼻をぐしゅぐしゅさせてる人を良く見かけるように …

いりことにぼしの違い!どんな違いがあるの?

知り合いの娘さんが、結婚して関西から関東に住んでいます。 関西と関東では、物の名 …

老人性難聴は改善できる!その方法はたったこれだけ!

年を取ると耳が遠くなるのは当たり前のことだと思っていませんか? 私も年取ると誰で …

no image
えごま油と亜麻仁油の違い!認知症にいいのは?

還暦過ぎると、だんだんと健康に自信がなくなってきて、生活習慣病や認知症がグンと身 …

玉ねぎ氷の効果は?高血圧にもいいと聞いたんだけど!

健康にいいものって、簡単に出来る物は何でも試してみたいですね! 玉ねぎ氷が高血圧 …